TECHNOLOGY AND QUALITY
QUALITY
品質保証

熟練の技術と最新装置を融合し
お客様の安心と満足のために
高品質・高付加価値を追求。

多様化する要求品質に応じた製造技術の確立と高精度な検査・試験設備が一体となり当社の品質管理体制は構築されています。「製品には先駆者の誇りを持ち、品質・価格・納期に優れた製品を社会に送り出す」という品質方針に基づき全てのお客様に満足していただける高品質・高付加価値の製品の納入に万全を期しています。

QUALITY CONTROL SYSTEM FLOW品質管理体制フロー

当社では、出荷前検査はもちろんのこと、製作工程から各工程検査を徹底して行なっております。
自工程の品質を保証することで、作業者全員が高い品質管理意識を持ち、
工程内不良の流出ゼロを目指して日々製造に取組んでいます。

品質管理体制フロー

INSPECTION検査

高気密性テスト・チェック

分子直径が小さいヘリウムガスを使用し、漏れ検査の中でも感度的に最も優れ、かつ微小な漏れに対しても精度の良い漏れ検査(以下、ヘリウムリークテスト)を実施しております。
気密性が問われる電力遮断機用 高圧ガス容器や、半導体製造装置用真空容器等でも漏れの無い高気密製品をご提供致します。

リークテストにおけるリークレート

弊社のヘリウムリークディテクタの最大検出レートは、1.0×10-13Pa・m³ /sec

三次元測定機

製品の図面寸法を満たす為三次元測定機による測定をしています。測定誤差は4μm までを保証しています。また安定した検査精度を保つ為に年に一度定期点検を実施。

X線CTスキャナー・浸透探傷試験(カラーチェック)

通常の外観検査では検出困難な、目視で発見できない割れ(クラック)や鋳巣等の鋳造欠陥に対してX線CTスキャナーや浸透探傷試験による非破壊検査での品質保証を行います。

材料試験

お客様に安心して製品を使用していただけるよう、成分分析・引張試験・強度試験を月に一度実施し材料管理を徹底しております。材料試験成績書の作成も可能です。お客様のご要望に応じて素材品質を保証するためにミルシートを発行しています。

APPROACH TO QUALITY IMPROVEMENTさらなる品質向上への取り組み

不良製品を外に出さない。
そして、同じ不良を出さないことはもちろん、
新たな不良を未然に防ぐ。

前橋橋本合金は、「社会の変化に対応した事業革新・技術革新を行い、新しい需要の開拓と市場の創造に取り組み、顧客に満足される製品を提供する」を実現するため、QMS(品質マネジメントシステム)を確立し、運用して行く「鋳物製造メーカー」で有り続けます。

  • 法令・規制及び当社が決定した要求事項を遵守し、顧客が満足する製品を安定的に提供する。
  • 高度化する市場ニーズに対応するQMSを確立し、維持する。
  • 毎年度各部署で品質目標を定め活動を行い、その有効性を評価し、次年度の品質目標に反映させる。
  • 定期的にQMSの有効性を評価し、 継続的な改善に努める。
page
top